M log
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1歳4カ月の息子の近況
さて、縁あって、シンガポールで働くことになりました。

仕事を始めるにあたり、息子は半日だけ保育園に行き始めました。
10日ほど前からは住み込みのメイドさんも雇用しました。

そして、いよいよ仕事も始まりました。


しかし・・・仕事3日目にして息子がウイルス性の急性胃腸炎にかかってしまいました。
こちらの保育園や幼稚園に行く幼い子供たちの間ではやっているようで、まんまとかかってしまいました。

木曜の夜から始まって、夜中じゅう吐き続け、熱っぽいし、夜間緊急外来の小児科医はつかまらないし、着替えては吐き、着替えては吐きの繰り返しで、もう着替えも無くなりそうで夜中に洗濯をしたりしているうちに朝になっていました。

胃の中のものが突然ぶわーーーっと、まるでマーライオンのように飛び出してくるので、私も丈も一晩中ぐちゃぐちゃで大変でした。
あんなふうに吐くのを見たのは初めてだったので、動揺するし、どうしたらこの吐き気を良くしてあげられるのかも全く見当がつかず、ただただ息子を抱っこしていました。

ものすごい量を吐くので、脱水症状になりやしないかと母乳や水分を与えていたのですが、本当は水分摂取は吐き気が激しいうちは控えた方が良かったらしいです。
後から分かりました。

息子のの吐き気は木曜日の夜から金曜日の午前中にかけてで、山場を越えたようです。
薬のおかげだと思うのですが、金曜日の午後からは一度も吐いてないです。
(吐き止めの座薬は入れるのを嫌がって、弱弱しく泣く・・・辛いです。)

しかし、運悪いことに、仕事も金曜日は最悪のシステムトラブルで・・・ほぼ寝てない体にこたえました・・・。
ほぼ右も左も分からない状態の新しい職場で、生きた心地がしない一日でした。。。
ふぅ。。。
職場が自宅に近いので、昼時に少しだけでも抜けて息子の様子を見に帰ろうと思ってたのに叶わず。。。
保育園に行き始めたらこんなこともあるだろうと想定はしていましたが、これほど酷い病気になり、それが仕事開始3日目来るとは・・・。
ヒィ。。。



金曜日の朝、私は休めるはずもなく、主人とメイドさんで病院に連れて行ってもらいました。

息子は病院に行くタクシーの中でも度々吐き、メイドさんのTシャツも汚してしまったようです。
当然、彼女の着替えなどもっておらず、シンガポール一の華やかな場所で(そういう場所にある日本人専門のクリニックなのです・・・。)、息子のゲロPまみれ。。。
しかし、彼女は顔色一つ変えずに、ずっと丈をケアしていててくれたそうで。
ただただ感謝。
あまりに素晴らしい働きぶりだったので、今日彼女に新しいTシャツをプレゼントしました。。。


息子の吐き気は治まったのですが、その代わり・・・金曜の夜から今日にかけてはひどい下痢。。。

息子は話せないので正確には分からないけれど、たぶんおなかも痛いのだと思う。
おしりも痛いのだと思う。
ちょいちょいフニュフニュグズグズ泣いています・・・。
普通なら怪獣のように元気な息子が、日中もぼんやりと、トロっとしていて、とってもとっても痛々しくて可哀想。


息子のうんPときたら、水みたいなもの始まって、いまはポタージュスープ位。
(汚くてごめんなさい)
量も多くておむつの中に池が出来る・・・。
とてもおむつの中だけでとどめておける量じゃないので、毎回、服や敷物がうんPまみれです・・・。
嘔吐のときにはシーツだけでなく、ピローカバー、ベッドパット、マットレスカバーや綿毛布までぐちゃぐちゃの大惨事だったので、それで学習して、今はベッドにバスタオルを敷きつめて寝かせているので、被害はまだ少なめですが。

そして、息子にしては珍しく、食欲が無いです。
チッコの量も 普段より少なめで、若干、肌が乾いている気がします。
普段はうるうるの剥きたてゆで卵の様な息子の頬がほんの少し日に焼けたような乾燥ぎみ。
どうやら、脱水しかけているとそうなるみたいなので、意識して水分を取らせているのですが、赤ちゃん用のポカリスウェットは味が嫌いな様で、殆ど飲みませんでした。

なので、欲しがるだけ母乳をあげてますが、ほぼ一日中胸にしがみついてる感じです。
本当は仕事を始めたら母乳を減らしてゆく予定だったのですが、まだ先になりそうです。。。
母乳を続けたい、けれど仕事中に胸が張って痛むのは辛いのでなんとかしたい・・・色々な意味で両立が難しいです。

息子が保育園に行くようになって2週間。
メイドさんがきて10日程度。
私が仕事に出ている間、出来るだけ息子のケアを厚くしているつもりですが、それでも母不在の時間は寂しい思いをしているのだと思う。
こんなに小さいながらも、急激に変わる周囲の状況に我慢し、ストレスに耐えていたのかと思うと・・・痛ましくて胸がつぶれる思いです。

今日も主人に息子をみてもらって、少しだけメイドさんと一緒にお使いに出ようとしたら、火がついた様に泣き叫び、ゆるゆるうんPを大放出。。。
そんなにまでして、体を張って、私を引き止めているようで、お使いは主人に代わってもらい、今日は息子と過ごしました。





本来、日本にいたなら息子が6か月に満たないうちに職場復帰する予定だったので、それに比べればずいぶんと二人の時間を過ごすことが出来たし、母乳育児期間もたっぷりととれたし、1歳4カ月になった息子にも、母と二人きりの生活だけではなく、少しずつ外の世界を知る事も社会性を身につけるには良いはず、と思っていたのですが。。。

稚い我が子ににこんなに辛い思いをさせてまで、働くのってどうなんだろう。
(病気は免疫をつけて丈夫になってゆくための、成長の通過点なのかもしれませんが。。。)

働く母たちは誰しも通る道なのだと思いますが・・・悩みます。





スポンサーサイト
雨期です







シンガポールは雨季真っ最中。

ほぼ毎日、傘なんて全く無意味な位のゲリラ豪雨。

先日は、近くのショッピングモールで思い切り足止めされました。

雷が轟くと、この子が尋常で無く怯えるので一刻も早く帰宅したいのに、一時間近く帰れませんでした。

師走となるのに、こちらは半袖かキャミソールで大丈夫な気候が続いていますクリスマスもお正月も実感が無いままに終わってしまいそう。

四季の移う風情が恋しくもあり。
無いものねだり。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。