M log
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぬんちゃんと一緒
週末のお散歩。

白金にあるサルバトーレで、家族みんなで遅めのランチをいただきました。
陽が差すと外に出ていても気持ちが良いし、ストーブを点けてもらって、ダウンの前を閉じればテラス席でも大丈夫。

途中、やっぱり息子が起きちゃってモゴモゴしだしたり、やっぱりちょっと落ち着かないんだけど・・・。

それでも、ぬんちゃんと一緒。
それが、めちゃくちゃ嬉しい。



私の小さな小さな夢が叶ったよん。


スポンサーサイト
IL MANGIARE @ 麻布十番
人間と言うのは、欲深いものです。

先週の 霞町 すゑとみ に感激して、これで出産前の外食はもう最後!と思っていたのに。

やはり、のんびり食事をしながら過ごせる週末は最後だと思うと、名残惜しく、最後の晩餐にどこかに行きたくなってしまいまして。
しかも、最近通っていた和食ではなく、飲めないのが分かっているけれど、久しぶりにフレンチかイタリアンの気分。
行きたいレストランは数あれど、日曜営業のお店はあまりなくて、かつ、当日予約なんて無理なところが多い中、急遽、イルマンジャーレを当日の開店15分前に予約をして、ランチを頂いて来ました。
急だったけれど、空いていて良かった!

P1050291.jpg

ランチには、前菜+パスタ+メイン+ドルチェ盛合せ+カフェのプリフィックコースもありますが、折角なのでほぼお任せの季節のランチコースに。


アミューズ
白とうもろこしのムース。
甘くてクリーミー。
P1050292.jpg

冷前菜
生の山形牛でチーズを巻いたもの。
バーニャカウダソースが濃厚で、絡めて頂きます。
ワインが欲しい。
P1050293.jpg

温前菜
さんまの香草焼き。
焼きナスが敷かれていて、トマト風味のソースにブルーチーズが散らされています。
ブルーチーズなんて、何か月ぶりに食べたのだろう・・・一年ぶりとは言わないけれど、そのくらい久しぶりな感じ。
冷えた白が欲しい。
P1050294.jpg

冷製パスタ
冷たいカルボナーラ。
カルボナーラ自体は自分では選ぶ事は殆ど無いのですが、これは、想像よりずっとあっさりしていて、程良いまったり感で実に美味。
冷製パスタは珍しくはないけれど、今まで何処でも食べた事の無い味。そういうお皿が頂けるレストランは素敵。
P1050295.jpg
ゆるーい半熟卵が入っていて、崩してませながら頂きます。
そして、今年の初トリュフ。混ぜる度に立ち昇るホワンと良い香りにうっとり。今年はトリュフにお目にかかる事は無いと思っていたので嬉しい!
P1050296.jpg


温製パスタ
イタリアのちょっと珍しいキノコを使ったタリアテッレ。
先ほどの冷製とは全く趣向の違う、秋らしさのあるパスタ。
P1050297.jpg

メインの前に、口直しのシャーベット。
ピンクグレープフルーツでさっぱりと。
P1050298.jpg

私の頂いたメインはお魚。
白身魚ですが、生ハムやその下に敷かれたリゾットとラタトゥイユ風のソースでしっかり濃厚なメインディッシュに。
たっぷりのお野菜も良いです、美味しい。
P1050299.jpg

主人が頂いたメインは豚ロースのグリル。
彼はイタリアンに来ると90%の確率で豚のグリル系を頼みます。大好きらしい。
こちらも、シンプルな味付けながら、脂と旨みが乗っていてボリューミーな一皿。
P1050300.jpg

ドルチェの盛り合わせ+ハーブティー。
どれも美味しいけれど、生クリームとドライフルーツのケーキが濃厚で、食後酒と合わせてチビチビ頂いたらさぞ幸せになれるだろうなぁー。(またお酒)
カラメルのアイスクリームも苦みのある大人の甘さで◎。 
P1050301.jpg

嬉しかったのは、サントリーのノンアルコールビールが置いてあった事と、デカフェのハーブブレンドティーが充実していたこと。
今も、そしてこれから暫くは思いのままに酔うことは難しいと思われるので、こういうレストランは嬉しい。ずっとガス入りウォーターだけでは寂しいですし。

今探している、というか、有ったら良いなぁと思うのは、美味しいノンアルコールワインが置いてあるレストラン。ただの葡萄ジュースではなくて。そして、大変我儘なことにノンアルコールカクテルでは駄目なんです・・・どうもお高いミックスジュースに感じてしまって、満足できない。

妊産婦の為とは言わず、昨今健康ブームですし、そんなレストランも有っても良いと思うのですが。

ただ、ビールと違って、イタリアンやフレンチではワインでノンアルコールは邪道すぎてレストラン側として抵抗あるのかもしれないし、グラス売りにするには、ボトルが空くサイクルが遅くて難しいのかもしれません。
ちなみに、ボトルでも飲みますけど、私。美味しければ・・・。
まぁ、一般的な酒屋でもノンアルコールビールは普通になって来たけれど、ノンアルコールワインは見たことないし。
残念です。

私の様な何とかして飲んでいる気分になりたい不良妊産婦は少数派で、大抵の方はきっぱりと我慢しているのかもしれません。偉いな・・・。
妊婦になって体質が変わってアルコールの匂いだけでも嫌!とかなるかと思ったけれど、全く・・・むしろ節制させられている分より卑しくなった感じ。事ワインに関しては、しつこく欲求不満中です。


さて、最後の晩餐のお料理は大変満足行くもので、滑り込みで行ったけれど、どのお皿も外れなく美味で、久々のイタリアンを堪能。
ボリュームもかなりあって、お腹が下がって来た事によって、胃がすっきりして始終空腹妊婦の腹も、食べ助の男子の腹も満たすお料理達。
2時間ほどかけて、ゆっくり楽しく頂きました。
この内容で4500円はリーズナブルかと。
(お料理に合わせてワインを好きなように飲んだらトータルではそれなりに張ってしまうかもしれませんが。)

お店の方も、私のお腹に気付いて腰に当てる毛布を貸して下さったり、サービス面でも○。
日曜日のランチ営業も嬉しいポイントです。

満足度が高かったので、産後も、何とかして、来たい。・・・無理かな。時間的にはまず余裕が無いでしょうから、プリフィックスのコースをサクッと頂く形等で。

しかし、産前最後に美味しいレストランに当たって幸せな気分になれて、本当に良かった。
最後が不味かったり後味悪いとすごく残念な気分になってしまうものね。


帰りに、鯛焼きでも夜のおやつ用に買って帰ろうかと話していたけれど、その余裕を残さないくらい、満腹になりました。



そして、この一カ月程、出産を控えて何事も億劫になり引きこもりがちな私を気遣って、主人は色々なレストランへと連れだしてくれました。
エンゲル係数が高くなってしまったけれど、どのレストランも産前の良い思い出に。
ただ、感謝です。

御馳走様でした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。