M log
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
富麗華 @ 麻布十番
先日の麻布十番祭りでの点心が美味しかったので、ランチに行ってきました。
中国飯店 富麗華です。

P1050271.jpg

ランチタイムでしたが、落とした照明と、ゆったりとした二胡の生演奏が入り、とても落ち着く店内。
主人は紹興酒を、私は烏龍茶を。
お茶は、かなり頻繁に差し替えてくれるし、いつでも暖かいまま頂けるので、快適です。
P1050272.jpg

鱶鰭にも北京ダックにも然程の興味が無いので、飲茶コースをお願いしました。
(北京ダックは十番祭りで頂いたけれど、お値段の割にあまり食指が動くものではなかったし。)

本日の焼き物前菜
P1050273.jpg

揚げ点心二種
P1050274.jpg

香港蒸し点心三種
P1050275.jpg

エリンギとチンゲンサイの炒め
P1050279.jpg

コース外から、アラカルトで、黒酢の酢豚
P1050277.jpg

こちらもコース外から、アラカルトで、焼き餃子
P1050278.jpg

松の実の炒飯
P1050280_20101003153315.jpg

マンゴープリン
P1050281.jpg

うーん、どれも外れなし。
十番祭りでのテイクアウトでも十分美味しいと思いましたが、やはり作りたては美味。
ただ、お店に行ってメニューを見てみて、お祭りのテイクアウトがとてもリーズナブルだったと実感(当たり前?)。来年も、お祭り時には連日買い込むと思われます。

この日の私的な一番は黒酢の酢豚。主人はやはり焼き餃子。
(どちらもアラカルトで取ったものなので微妙ですが・・・。)
主人が最後に飲んでいた甘口の紹興酒が美味しそうだった。
そして、デザートのマンゴープリンも相当良かったです。

全体的にお味も量もお上品な飲茶でした。
お茶を飲みながらゆっくりと適量を頂くならコースのままで十分かと思いますが、我が家の主人の様なお腹いっぱい食べたい男子にはアラカルトで何かを足して、満足の行く量かと思われます。

なので、もし次回来られるなら、平日の麺ランチにアラカルトで黒酢の酢豚をプラス、がリーズナブルに楽しめて良さそうかな。

お店の応対も上品かつ親切で良かったし、落ち着くし、美味しいし、近いし。
また行きます。

御馳走様でした!



スポンサーサイト
富麗華 @ 麻布十番祭
いよいよ産休にはいりました。
いままで慌しかった分、時間を持て余してしまいそうではあるけれど、近頃は暑さと苦しさで公共交通機関での通勤が辛かったので、やはり嬉しいー。
出産までの、束の間の自由時間です。

そして、主人とお疲れ様会にどこかに食事にでも、と計画していたのだけれど、先日の感激ディナーの喜作はランチの予約が取れず、しかもこの週末は麻布十番祭。
もともと、麻布十番祭には行った事が無いし、この暑さと、ヨタヨタ妊婦には危険な混雑ぶりを予想して、この週末は商店街周辺には近づくまい・・・と考えていたのだけれど。

逆に、それだけ人が集まるからには何か美味しいものが出ているのではないかと考えなおして、主人に買い出しに出てもらってきました。

今年は、人気の国際バザールは会場工事中の為、お休み。
その代りか、故郷の味自慢の屋台が混雑していたそうな。
量り売りのワインなんかもあったらしく・・・うぅ・・・ホロ酔いになりながら屋台を見て回るのも楽しそうじゃなぁ・・・。

さて、主人に買ってきてもらったのは、主に、お疲れ様会で行こうと考えていたもう一つの候補の、富麗華の屋台から。

餃子と焼きショウロンポウ。


しっかりもっちりとした皮で、大き目。肉汁がしみ出て来て、美味。
ディンタイフォンのショウロンポウとは似て非なる物。
それぞれ500円。食べごたえも有るし、このワンコインはバリューだと感じました。

酢豚、チャーシュー。


酢豚は自ら頼む一皿ではないけれど、黒酢で豚肉だけのシンプルな酢豚は別。
チャーシューも、お酒のつまみに最高の一品かと。
この酢豚とチャーシューをつまみに、冷えた白ワインか紹興酒ロックなんか、良いなぁ・・・と思いながら飲むのはサントリーオールフリー・・・。妊娠前「ワインの入らない食事には興味が無い」とまで言い放っていた位なので、妊婦的ノンアルコール生活もやや限界が近付いていた中、このオールフリーは救世主です。
当然の事ながら、いくら飲んでも全く酔いがまわってこないのが寂しくもあるけれど・・・休日の食事時に何も無いよりはずっとマシ。

そして、炒飯。


家庭では絶対に作れない、この味。これも、美味、買い。

他には、北京ダックと、福島県いわき市出品の鮪カマ焼き。
北京ダックは・・・一つ500円は、高い。ダックの味と言うか香りもあまりしなかった気がするし、先日の胡同のダックのほうが私達的には美味しかった。これはリピートはまず無し。
カマ焼きは○。
けれど、上記の富麗華の完成度の高い屋台物と比較してしまうと、ちと弱いか・・・。

富麗華は、レストランからの出品だけあって、流石に普通のお祭りの屋台物とは比較にならない美味しさで、また明日も食べたい!
しかも、富麗華は、商店街から離れているのでそこまで混雑していなかったようなので、明日は私が行ってみようかな。

そして、祭りの後、食事にもやはり行ってみよう。夜はなかなかお高そうなので、まずはランチから。

思いのほか、満足でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。