M log
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
究極の金平糖
夏の予定は未定なのだけれど
次回の為の京都寄り道メモ

会社の方から教えていただいた金平糖屋さん
’緑寿庵清水’の究極の金平糖
チョコレートと梅酒の金平糖がとっても魅力的
〒606-8301
京都市左京区吉田泉殿町38番地の2
075-771-0755
冬期 10:00~17:00(10月~2月)
夏期 10:00~17:00(3月~9月)
定休日:水曜・第4火曜

前回お休みで入れなかった’幾岡屋’
ここで、’M子’という愛らしい花名詞を作りたいのだ
あとは、りんだしの帯揚げ
白地やピンクに朱色の小さな絞りが可愛くてとってもとっても欲しいのだがちょっと高いので中々手が出ないものの、旅先の思い出としてなら買える気が
〒605-0074
京都市東山区祇園町南側577-2
075-561-8087
11:30 ~ 19:00
毎週木曜日定休

前回忘れてきた、竹筒に入った七味唐辛子と粉山椒も
おうどんに山椒をかけて京風っぽく食べたい
先日のとつなんの数日、買い物に行くことも出来ずまともなご飯にありつけずに即席麺の’どん○え’などを寂しくすすりながら
’権兵衛の美味しいきつねうどんが食べたい(涙)’
等と思い出していた

そして
前回着物選びでお世話になった’やゝ’へも是非
一緒に選んでいただいた着物はとっても気に入っているし、選ぶ過程がとっても楽しかった

’いづう’で鱧のお鮨と冷酒も・・・

夏の着物でも着て
また行きたいなぁ、京都




スポンサーサイト
春の京都
ぼんぼりのような桜も
京都
素朴なぼけの花も
京都

可愛らしかった春の京都

最後は祇園のいづうで鯖寿司をいただいて、各一種類ずつ置く事になったというワインと日本酒から、今回は日本酒で
銘柄は失念したが、京都の地酒だというお酒は鯖寿司に合わせて選び抜かれただけあって、美味、美味
青背のお魚の〆たものはあまり得意ではない、という先入観をいいかげんに捨てなくてはいけないな京都

古くからの長屋を少しずつ手直ししているらしいお店は、間口は小さいけれど、けれんみの無い感じがいい
お手洗いに出ると、可愛らしい坪庭に面しているのも長屋らしい趣がある

京都の町屋暮らしをしららっしゃるという方の本を何度も繰り返し読んだことを思い出す
冬は心底冷えるのだろうな

今回の旅行では全てが美味しかったが、最後に頂いたこの鯖寿司は、白ワインを飲みながら更新している今、直ぐに欲しくなってしまう程印象に残っている
これを食べに京都に飛んで行きたい

お店の方も気さくで、気軽なおしゃべりも楽しかった
夏にはこれまた絶品らしい鱧のお鮨がいただけるらしく、是非夏にいらっしゃい、と言われた事に従って、また行かなくては

後ろ髪引かれながら東京へ戻る間にも、次回への計画に胸躍らせていた
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。