M log
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Olivier la Provence Gourmande @ 学芸大学
淡いオリーブ色の壁面とプロヴァンスならではのプリント小物がかわいらしいこじんまりした店内
予約をして伺うとテーブルには名前入りのWelcome Card と暖かいお絞りが

前菜+メイン+デセール+コーヒー+プチデセール(3,800円)が一番シンプルなコースで全4種類のMUNEが

食前酒にグラスの白とシェリーを頂き
ワインは南仏らしい赤というリクエストお伺いしたマダムのお勧めを
ミネルバという村のものだというワインはブルゴーニュともボルドーとも異なる田舎っぽく素朴な味わいで、CPに優れていて美味

お料理も外れが無く、お気に入りのアゴスティーニに初めて伺った時のような嬉しさ

アミューズのプチシューに始まり
前菜
 鰺とラタトゥィユのテリーヌ仕立て
 フォアグラのソテー巨峰のソース
主菜
 本日の鮮魚の鯛のグリル 
 様々な部位のポークのプレート
 牛頬肉の赤ワイン煮込み南仏風 パスタ添え
デセールプレート
カフェ / プチデセール

特に、今回の赤ワイン煮込みは近頃頂いた煮込み料理の中でもかなりのヒット
南仏風というのも私好みで、バター、クリームを一切使用せずオリーブオイルとスパイス類で味付けされているという頬肉は十分こっくりとしていて物足りなさは一切無し
それぞれのお皿付け合せのお野菜もたっぷりで満足
ブラックオリーブのパンも美味しくてついお代わりしてしまった為、デセールにたどり着く頃にはいつも通り満腹寸前
メインが肉・魚両方のコースは5,500円なのだが、この内容ではリーズナブルに感じた

ぽってりとした厚地のプレート類も温かみのある色合いで思っていたよりもずっと料理が映えると発見し、長いお休みを無理やり取って南仏に行きたくなってしまう
人が来たときに目にも鮮やかで食べても美味しいお料理でおもてなしできるといいなぁ・・・と思っているのだが、ワインもすすむ南欧料理というのはいいかもしれない
しかし、これだけきちんと美味しく作れるようになるには早々に仕事をリタイアしてコルドンブルーにでも修行に行かせてもらわないと

小さな街のフレンチレストランだが、サービスを提供するということを自覚されていそうなマダムと最後には出口でお見送りをしてくれたシェフに、暖かい気持ちを頂きお店を後にした

ラストオーダーが9:30でそれ程遅くまではやっていないのだが、お気に入りのレストランになりそうなので、予約が取りづらくならないといいな・・・等ととても自分勝手に思う


オリヴィエ
目黒区鷹番3-6-9
03-5722-2550
スポンサーサイト
ぬんたった劇場 Vol.4
一体・・・?
なにか生命体らしい


ぬんちゃんでしたか
ん?


顎乗っけてるのね
変?


そうそう、セクシーポーズも忘れずに激写しとかないと
いつものポーズ


’くんくん・・・オリの匂いつけとかないとね、これまだオリ臭くないから’
おにゅー


あーぁ、ふかふかニューベッドなのにマーキングしちゃいやーん!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。