M log
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シャンプマン ぬん
折角歯が綺麗になったので、もしゃもしゃくしゃくしゃぬんさんを、シャンプーしました。

爪の周りとおしりの周りの毛をちょっとカットして、お風呂場へ連行。
ぬんさんは、お風呂場周辺自体は大好き。なぜなら、主人の使用済みおパ○ツがもらえるから。

しかし。
あっと言う間にだまされた事に気付いた様で。
濡れ鼠になって風呂場から脱出しようと試みますが、出来ず、キュンキュン鳴いてました。



この天気なので、タオルでゴシゴシ拭いた後は、自然乾燥。

本人は、あちこちに体をこすりつけて、フンガフンガ言って、かなーり怒ってました。





スポンサーサイト
ぬんさんスケーリングの巻
産休に入って、まずやろうと思っていた、ぬんのスケーリング(歯垢除去)に行ってきました。

スケーリング当日は全身麻酔になるため、前日の夜12時から絶食、そして当日朝8時から絶水。
時計を見つつ、ご飯をあげて、おやつをあげて・・・前日から結構緊張していました。

ところが、前の晩から、主人が急に心配しだして、「こんな小さい体に全身麻酔なんて可哀想に。水も飲めないなんて可哀想に。」なんて言いだすものだから、無理やり連れてゆくみたいで、罪悪感を感じてしまう。
昨日まで何も言っていなかったのに・・・そりゃないよ・・・と泣きそうになるのをぐっと我慢。
主人にはちゃんと了解と同意を取れた上で予約をしたし、私だって辛いけど、これもぬんの健康と長生きのためなのだ。
歯周病菌が回って、内臓に影響を与えたり、目の下の皮膚が溶けて血と膿が出てくる事を考えたら・・・、とても呑気にしてられん。
一時的には酷でも、体力があって、全身麻酔に耐えられるうちに歯を綺麗にしてあげないと。


そして、この朝8時から絶水というのが曲者で、朝ご飯を食べた後に水を飲む癖のあるぬんは、朝起きていきなり水を飲めと言われても飲んでくれません。
チッチは、ずーっとトイレの場所に軟禁しておくと、無理やりでもちーさいチッチ(1センチくらい、ホントにちょろっと)をするのですが、水を強制的に呑ませる方法が分からず・・・。
あれこれ試したものの、飲んでくれないままに結局朝8時を過ぎてしまい、前の晩から水分をとらない状態で病院に連れてゆく事になってしまいました。
これは、我々の時間配分の失敗。もう少し朝早く起こして飲ませるなどの工夫をしておけばよかったと後悔。
なんせ、この気候ですから・・・。
そしてまたまた主人が渋い顔をして可愛そうがるものだから、私の胸もとても痛む・・・あまり言わないで・・・私だって心配だし恐いんだから。

でも。
心を鬼にして絶水させて連れてゆきました。

スケーリングは、朝11時までに病院に連れてゆき、血液検査の後、午後に処置。そして、麻酔から目覚めて、夕方6-7時にピックアップというスケジュール。

全身麻酔というので、やはり、いやな想像をしてしまうと、すごく怖くて。
午後3時前位に、先生から直接お電話を頂き、「無事終了して、もう目が覚めて、歩き回ってますよー」と伺った時には、どれだけ安堵したことか。
ただ、麻酔が完全に抜けるまで様子を見ましょうという事で、午後6時くらいに引き取りに伺いました。

結果は。
まず、最小限の健康診断も兼ねている血液検査の結果、とりあえず悪いところはなさそうです。
腎臓の機能だとか赤血球・白血球の状態も正常値以内で、まず健康。あぁ、良かった。

そして、ぬんちゃんの歯はびっくりするくらい、白くて綺麗に、そして臭いゼロ。
あれだけ臭かったのが、嘘の様。
勇気を出してやってよかった、と心から思いました。
ちょっとぐらついているように見えた前歯の一本は、ぐらついているものの、まだ根っこがしっかりついているようなので、抜かずに済みました。
ただ、案の定、これまで放置していた歯石の状況は結構ひどかったらしく・・・歯茎が後退気味になってしまっている場所が多いそうです・・・可哀想に・・・。

今後は、柔らかいフードではなく、出来るだけ、噛んで食べるドライフードにするように、とのこと。
つい、忙しい朝の時間には、ぬんちゃんの食いつきの良いウェットフードを混ぜてあげる事が癖になっていたので・・・反省。
あとは、勿論、歯磨き。
先日考えていたスプレーではなくて、とりあえず、ビルバックの歯磨きペースト(チキンフレーバー)を買ってきました。スプレーは、やはり約いちまんえんという値段にビビってしまって・・・まずは、歯磨きを頑張ってみようかと。
この歯磨きペーストは、舐めるだけでも多少の効果があるらしいので、まずは、食後にチビチビとなめさせて、慣れさせようと考えています。

そして、今回の処置では、全身麻酔をするついでなので、もうひとつお願いを。
涙やけの酷いぬんさんをみた先生が、涙が鼻へ抜ける管が細くて詰まっているのではないかと指摘。これを通す処置もしましょうか?というので、是非にとお願いしました。

プラス、引っ越し前にトリミングに連れて行ったきりで、ぼうぼうのくしゃくしゃのぬんさんを見るに見かねた様で、サービスで、足裏のバリカンと爪も切ってくれていました・・・・。
なんて、良い先生、病院なんだー。
主人と二人、ちょっと感激しました。


病院は、日赤の裏にある、西麻布ペットクリニックという病院。
こじんまりとしていますが、混みすぎてなくて、静かで良い病医でした。
ここではトリミングもしてくれて、そのお値段も、お手頃。引っ越し後、新しいトリミングサロンを探しているので、良いなーと思ったのですが、ぬんさんとお散歩気分で来るにはちょっと家から遠い。これが、もっと大きな犬で、飼い主もジョギングがてら、なら良い距離なのかもしれませんが・・・私とぬんさんのペアではちょっと無理か。かといってトリミングの度にタクシーで往復してたら、お手頃な意味が無くなっちゃう・・・折角良いところを見つけたと思ったのに、残念。
でも、良い病院が見つかって一安心。また何か気になる事が出来たら安心して連れて来られます。


結局、連れて帰って来た後も、その日は絶食、お水も、喉が渇いているからと言って飲ませすぎないように・・・ということなので、見るからに猛烈に喉が渇いていそうなぬんいちさんには、口を潤す程度の水を、2-3度あげたのみ。
しかも、麻酔が覚めたとはいっても、やはりぼーっとして元気が無く・・・我々が食事を始めたので食べ物を欲しそうにしていても何もあげる事も出来ず・・・何もくれない私達にムカついているのか、そっぽを向いてぽつねんとたたずむぬんさんを見ながらの、心苦しい晩御飯でした。


しかし、一晩眠って、今朝からはいつもより少量のご飯を数回にあげて分けて、なんとか無理やりお薬を飲ませて、元気なぬんさんが復活。
私や主人の後をちょろちょろとついて回る、いつものぬんさんになりました。

今日は、ぬんさんにレバーペーストを舐めさせたり、昼間冷房を入れないと部屋がどのくらい暑くなるのかを昼寝をしながら試してみたり(汗だくになって起きた)、ゴロゴロしているうちに、営業日ベースでの産休初日はあっという間に終了。
なんで、仕事もしていないのに、お腹がすくというか、何か食べたくなるんでしょう・・・。
このまま、食べて寝てゴロゴロしてたら体重が大変な事になりそうです。


しかし癒される~。
この寝顔。


お口綺麗になって、元気になって、ほんとに良かったぬん~。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。